生活雑貨にダイボンダーってワード出てくるかなぁ

粘着性が高い道具は100均で見つけられますが、
ダイボンダーは文言すら確認できていません。
生活雑貨となりつつあるので、
ダイボンダーが100均にお披露目してもおかしくはないです。
ダイボンダーが生活雑貨の一部にならないのは、
100均の範疇に収まらない一品であるからに他ならないと考えます。
精密な作業を実現させるために部品の数を多くしなくてはなりませんし、
開発に成功しても100均に並ぶ生活雑貨と同じように
ダイボンダーを陳列するのは企業の負担が大きいです。
生活雑貨であるか否かを問われれば、
ダイボンダーは業務用の色が濃いと判断できます。
安価の代名詞的な存在である100均に登場すると、
生活雑貨で可能な内容の幅が広がるのは確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です